トップページ > 解説:黒酢の基礎知識「黒酢をおいしく摂るには?」

今、注目されている健康食品が「黒酢・香醋」です。9つの必須アミノ酸人間の体内では合成できませんので、こういった健康食品を通じてバランスよく摂取することが勧められています。加えて、クエン酸疲労回復に、アミノ酸ダイエットに効果がある点も人気の理由となっています。
>>>最新の黒酢・香醋ランキングはこちら

黒酢の基礎知識「黒酢をおいしく摂るには?」

黒酢は1日どれくらい飲めばよいのでしょうか?

普通は1日約7〜15ml飲めば大丈夫です。「一口」の量ですね。

そのまま飲んでもよいですが、胃腸の悪い人は10〜20倍に水でうすめて飲むとよいです。

黒酢は果糖とよく味があいますので、果糖あるいはハチミツを混ぜて飲まれると、おいしくいただくことができます。

例えば黒酢5gに果糖あるいはハチミツを3g、水100gの割合で混合したものを冷やすと、夏の素晴しい飲料になります。

又、レモンを生かし、コップにハチミツ大さじ2/3杯、黒酢大さじ2杯、レモン1切れを入れ、コップ8分目までミネラルウォーターを入れかきまわして飲むと二日酔などの場合すっきりとした飲物になります。

また、お菓子のゼリーを作る要領で、黒酢に寒天やゼラチンを混ぜ、黒酢ゼリーをつくると、黒酢の持つ独特のすっぱい味をほとんど感じさせることがなくつるりと服用することができます。

黒酢ゼリーの効用としては、胃に直接、酢の刺激をあたえず、黒酢の養分をおだやかに吸収していくため、胃の弱い方やお年寄りなどでも、非常に食べやすくなることです。

ちょうどニガイ薬をオブラートに包んで服用するような効果があるわけです。

このタイプのゼリーは、まさに「黒酢ゼリー」という名称で薬局・薬店を中心に市販されており、ゼリー1個が1回分となっています。

1食分がパックされていますから、わざわざ作る手間が省け、いつでも手軽に食べられる便利さがあります。

しかも、なかなかにさわやかな味ですから食後のデザートなどにもおすすめできます。夏季などは、冷蔵庫で冷やしておけば、子供達のかっこうなおやつとなるでしょう。

黒酢の健康を、できるだけ多くの人に知ってもらうためにもメーカーがこうしたものを作りだすことは、喜ばしいことです。

この黒酢ゼリーを家庭で作られる場合は、レモンやリンゴのエッセンスで香りをつけ、少し甘味づけなどすれば、子供達の喜ぶ健康菓子が出来上ります。

大人向けには、ブランデーなどで香りづけをしてみれば、また変った味となります。

その他の飲み方として、野菜ジュースの中にさかずき1杯くらいの黒酢を入れると非常に飲みやすく、野菜ジュースの成分もよりよく吸収されます。

いろいろと黒酢を使った料理は考えられますので、各家庭であみだしてみてはどうでしょうか。

参考になさってください。

ちなみにこうした準備を手間と感じてしまう方には、やはり黒酢サプリメントが便利ですね。黒酢の健康・美容効果にご興味がある方はぜひ黒酢サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新の黒酢・香醋比較ランキングはこちら

目次

トップページ
黒酢・香醋比較/口コミ評判ランキング
黒酢の基礎知識
黒酢まるわかり辞典
アミノ酸の基礎知識
黒酢の秘密

口コミを投稿する