トップページ > 解説:黒酢の基礎知識「黒酢のダイエット効果の仕組みは?」

今、注目されている健康食品が「黒酢・香醋」です。9つの必須アミノ酸人間の体内では合成できませんので、こういった健康食品を通じてバランスよく摂取することが勧められています。加えて、クエン酸疲労回復に、アミノ酸ダイエットに効果がある点も人気の理由となっています。
>>>最新の黒酢・香醋ランキングはこちら

黒酢の基礎知識「黒酢のダイエット効果の仕組みは?」

美容に、健康にと効果を発揮してくれる黒酢ですが、肥満を予防し改善してくれる効果もあります。その仕組みについて見てみましょう。

黒酢は生体内の過酸化脂質を抑制し、血液中の中性脂肪、コレステロールを除去して、肥満の原因になる高脂血症を予防改善してくれます。

また、黒酢を長く服用すると、脂肪に変身する糖質、脂質の腸管からの吸収が抑制されたり、脂肪細胞への蓄積を抑制してくれることも分かってきました。

しかしそれだけではありません。

肥満の仕組みを解明する脂質代謝の世界的な権威である愛媛大学医学部の奥田教授は、米酢中に含まれるリジン、アラニン、バリン、メチオニン、イソロイシン、ロイシン、フェニールアラニンといったアミノ酸は、脂肪の合成や脂肪酸の再エステル化を抑え、脂肪細胞に脂肪が貯りにくくする作用があることを発見しました。

特にアラニン、バリン、フェニールアラニンが強い働きを示し、抗肥満アミノ酸として活躍してくれるのです。

通常、澱粉から変わったブドウ糖がインシュリンというホルモンの働きをうけて中性脂肪に変わり、肥満細胞に取込まれ、貯蔵され、肥満を増大してゆくのですが、アラニンらはその働きを大きく抑制するのです。

これらのことから、黒酢が肥満の予防、改善に好影響を与えることが理解いただけると思います。

それでは安価な合成酢に、合成した市販されるアミノ酸を添加すれば、よいではないかと思われるかも知れませんが、天然に含まれるアミノ酸はすべて、L型といって、光を左へまげる性質をもっています。

このL型のタイプのアミノ酸でないと効果がありません。これに対して合成で作られるアミノ酸はD型といって、光を右にまげる性質のものか、DL型といってその混合体が普通で、これらのタイプのものは効力がぐんと落ちます。やはり、天然に醸造された黒酢でないと肥満をはじめ、いろいろの効果がありません。

参考になさってください。

ちなみに黒酢成分を定期的に、安定的に、習慣的に摂ろうとするとやはり黒酢サプリメントが便利ですね。黒酢の健康・美容効果にご興味がある方はぜひ黒酢サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新の黒酢・香醋比較ランキングはこちら

目次

トップページ
黒酢・香醋比較/口コミ評判ランキング
黒酢の基礎知識
黒酢まるわかり辞典
アミノ酸の基礎知識
黒酢の秘密

口コミを投稿する