トップページ > 解説:黒酢の効果・効能は?

今、注目されている健康食品が「黒酢・香醋」です。9つの必須アミノ酸人間の体内では合成できませんので、こういった健康食品を通じてバランスよく摂取することが勧められています。加えて、クエン酸疲労回復に、アミノ酸ダイエットに効果がある点も人気の理由となっています。
>>>最新の黒酢・香醋ランキングはこちら

黒酢の効果・効能は?

黒酢の効果・効能について今までいろいろとご案内してきましたが、主なものをまとめるとこのようになります。

・黒酢に含まれるアミノ酸が肝臓の働きを助け、二日酔いを改善
・黒酢に含まれるアミノ酸が疲労回復を促進
・黒酢に含まれるアミノ酸により免疫力が向上し、風邪を引きにくくなる

どれも健康にうれしい効果ばかりですね。

これらの効果・効能について、その臨床試験の結果をいくつかご紹介してきましたが、主なものを抜粋するとこのようになります。

黒酢に含まれるアミノ酸は肝臓を活性化させ、免疫力を高め、二日酔いを改善すると言われていますが、ラットにアミノ酸の一種であるアラニン・グルタミンを摂取させ、アルコールを飲ませたところ、血中のアルコール濃度はこのように変化した、ということです。



アラニン・グルタミンを摂取しているグループでは明らかに肝臓の機能が向上し、血中のアルコール濃度が早く下がっています。肝臓が活性化されれば二日酔いだけでなく、美容や健康維持に効果的です。

また、黒酢に含まれるアミノ酸は疲労回復に効果があると言われていますが、激しい運動を行った後の、代表的な免疫機能であるリンパ球数がどう変化するのか、アミノ酸の一種であるシスチン・テアニンを摂取したグループとそうでないグループとで比較してみたところ、こういう結果になったようです。



シスチン・テアニンを摂取していないグループでは運動前と運動後とでリンパ球数が大きく減っているのに対して、シスチン・テアニンを摂取しているグループではリンパ球の数が変わらず維持されています。これはアミノ酸が免疫力をはじめとする体力の消耗を抑えると同時に、疲労回復を早めた結果と言えます。

それ以外にも黒酢によって「風邪を引きにくくなった」という話をよく聞きますが、これも調査によって検証されています。



システン・テアニンを摂取しているグループでは、明らかに風邪の発症人数が少ないですね。これはアミノ酸が免疫力をアップさせているからです。

それ以外にも黒酢には以下のような効果・効能があることが分かっています。

・クエン酸サイクルとアミノ酸の脂肪燃焼効果によるダイエット効果
・アミノ酸がコレステロールの上昇を抑え、血液をサラサラにする効果
・血液をサラサラにすることで血行が良くなり、コラーゲンの生成が活発になる美肌効果

これらはどちらかと言うと、美容にうれしい効果と言えるかもしれません。

美容や健康維持に本格的に取り組みたい方は黒酢・香醋を試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新の黒酢・香醋比較ランキングはこちら

黒酢まるわかり辞典

トップページ
黒酢まるわかり辞典

目次

トップページ
黒酢・香醋比較/口コミ評判ランキング
黒酢の基礎知識
黒酢まるわかり辞典
アミノ酸の基礎知識
黒酢の秘密

口コミを投稿する