トップページ > 解説:アミノ酸の効能

今、注目されている健康食品が「黒酢・香醋」です。9つの必須アミノ酸人間の体内では合成できませんので、こういった健康食品を通じてバランスよく摂取することが勧められています。加えて、クエン酸疲労回復に、アミノ酸ダイエットに効果がある点も人気の理由となっています。
>>>最新の黒酢・香醋ランキングはこちら

アミノ酸の効能

ダイエットに、美肌に、そして疲労回復にと、いろいろな効果を期待して飲まれている黒酢・香醋ですが、そうしたいろいろと健康や美容にうれしい効果をもたらしてくれている黒酢・香醋の主な成分の1つがアミノ酸です。アミノ酸と言っても一種類ではなく、体内で作り出せない「必須アミノ酸」と、体内で作れる「非必須アミノ酸」とで大きくわかれますが、黒酢・香醋にはこの「必須アミノ酸」を中心に約20種類のアミノ酸が含まれています。

具体的にはこれらとなります。

<必須アミノ酸>

・メチオニン:血液中のコレステロール値を下げ、活性酸素を取り除く作用
・フェニルアラニン:慢性疼痛やうつ病、情緒不安定に効果
・ヒスチジン:成長を促し、神経機能の補助する作用
・バリン:筋力の増強や疲労回復に効果
・トリプトファン:脳および行動障害の改善に効果
・スレオニン:脂肪肝を予防する効果
・イソロイシン:身体の成長を促進したり神経の働きを良くしたりする効果
・Lカルニチン:脂肪燃焼ダイエット効果、持久力向上効果

<非必須アミノ酸>

・プロリン:ダイエット効果
・テアニン:脳の興奮を押さえα波を出す効果
・タウリン:疲労の回復や健康維持などにも効果
・セリンは:皮膚や毛髪・爪に必要なアミノ酸として美肌や健康な髪のもとに
・シスチン:傷の治癒の促進やブドウ糖の代謝効果
・グルタミン酸:化学調味料の旨み成分のひとつ
・ギャバ:中性脂肪を抑える効果や、肝臓および腎臓の機能を高める効果
・アルギニン:脂肪分解酵素リパーゼを活性化させる効果
・アラニン:脂肪分解酵素リパーゼを活性化させる効果

いずれもなかなか魅力的ですね。

ではこうしたアミノ酸の効能というのは検証されているのでしょうか?その点ではアミノ酸のトップ企業である味の素が様々な検証を行っています。たとえばアミノ酸は疲労回復に効果があると言われていますが、激しい運動を行った後の、代表的な免疫機能であるリンパ球数がどう変化するのか、アミノ酸の一種であるシスチン・テアニンを摂取したグループとそうでないグループとで比較してみたところ、こういう結果になったようです。

 

シスチン・テアニンを摂取していないグループでは運動前と運動後とでリンパ球数が大きく減っているのに対して、シスチン・テアニンを摂取しているグループではリンパ球の数が変わらず維持されています。これはアミノ酸が免疫力をはじめとする体力の消耗を抑えると同時に、疲労回復を早めた結果と言えます。

また、アミノ酸は肝臓を活性化させ、免疫力を高め、美容効果があると言われていますが、ラットにアミノ酸の一種であるアラニン・グルタミンを摂取させ、アルコールを飲ませたところ、血中のアルコール濃度はこのように変化した、ということです。

 

アラニン・グルタミンを摂取しているグループでは明らかに肝臓の機能が向上し、血中のアルコール濃度が早く下がっています。肝臓が活性化されれば二日酔いだけでなく、美容や健康維持に効果的です。

さらに美容効果を調べた実験がこちらとなります。アミノ酸の入ったクリームをお肌につけたところ、お肌の水分の蒸発が抑えられていることが分かります。

 

これはアミノ酸に、各層の保湿力やバリア能力を高める効果があるからですね。

それ以外にも、黒酢・香醋を飲むと、「朝スッキリした」という声を聞きますが、それを検証した結果がこちらとなります。

 

これは寝る前にアミノ酸の一種であるグリシンを飲んだときと飲んでいないときの疲労感のチェックですが、グリシンを飲んだときの疲労感が明らかに低いことがわかります。

また同様に、寝る前にグリシンを飲んだ時とそうでない時の、翌日の作業効率や日中の眠気の比較がこちらです。

 

明らかに作業効率が上がり、眠気も少なくなっていることが分かりますね。

こうしたうれしい効果をたくさん持ったアミノ酸を手軽に簡単に、そして一度に摂取できるのが黒酢・香醋というわけです。最近では飲みやすいサプリメントタイプのものも販売されていますので、ご興味がある方は一度、試してみてはいかがでしょうか。

>>>最新の黒酢・香醋比較ランキングはこちら

黒酢まるわかり辞典

トップページ
黒酢まるわかり辞典

目次

トップページ
黒酢・香醋比較/口コミ評判ランキング
黒酢の基礎知識
黒酢まるわかり辞典
アミノ酸の基礎知識
黒酢の秘密

口コミを投稿する