トップページ > 解説:香醋の成分は?

今、注目されている健康食品が「黒酢・香醋」です。9つの必須アミノ酸人間の体内では合成できませんので、こういった健康食品を通じてバランスよく摂取することが勧められています。加えて、クエン酸疲労回復に、アミノ酸ダイエットに効果がある点も人気の理由となっています。
>>>最新の黒酢・香醋ランキングはこちら

香醋の成分は?

香醋とは、中国で伝統的に作られている黒酢のことです。日本の黒酢は玄米が原料なのに対して、香醋は主原料は玄米ですが、もち米やコーリャンを加える場合もあります。作られる地域や醸造元により、使われる材料はバラエティに富んでおり、小麦やあわ、小豆などの雑穀を加えたり、漢方の薬材を加えることもあるようです。

また、半年〜数年という長い期間、熟成・発酵を行うため刺激臭が少なく、まろやかな香りが特徴です。それで「香りのある醋=香醋」と呼ばれているわけですね。

香醋の成分ですが、発酵・熟成時間も長く、その後も煮詰めて濃縮するので、非常に濃度が濃く、アミノ酸が多く含まれています。主な成分としては、アミノ酸が全体の0.5〜2%、エキス分が全体の1割から2割となっており、極めて栄養価が高いのが特徴ですね。

こうしたことから黒酢と同じですが、主な効能として、ダイエット効果、コレステロール抑制効果、二日酔い改善効果、美肌効果が指摘されています。

日本ではなかなか手軽に香醋を摂ることはできませんが、最近ではより手軽に食べられるようサプリメントタイプの香醋も販売されていますね。気になる方は試してみてはいかがでしょうか。


>>>最新の黒酢・香醋比較ランキングはこちら

黒酢まるわかり辞典

トップページ
黒酢まるわかり辞典

目次

トップページ
黒酢・香醋比較/口コミ評判ランキング
黒酢の基礎知識
黒酢まるわかり辞典
アミノ酸の基礎知識
黒酢の秘密

口コミを投稿する