トップページ > 解説:アミノ酸の基礎知識「肝臓とアミノ酸」

今、注目されている健康食品が「黒酢・香醋」です。9つの必須アミノ酸人間の体内では合成できませんので、こういった健康食品を通じてバランスよく摂取することが勧められています。加えて、クエン酸疲労回復に、アミノ酸ダイエットに効果がある点も人気の理由となっています。
>>>最新の黒酢・香醋ランキングはこちら

アミノ酸の基礎知識「肝臓とアミノ酸」

私たちが食べものとして摂ったタンパク質は、小腸でアミノ酸に分解され、肝臓に送られて、からだが要求しているタンパク質の合成につかわれます。肝臓にはアミノ酸プールといって、常に一定量のアミノ酸を貯蔵し、再びタンパク質につくり直し、全身に送る機能があります。

肝臓でつくられるタンパク質は、アルブミンと、α、βのグロブリンで、アポタンパク質をつくります。アポタンパク質とは、肝臓でできた脂質を血液中に送りだすときに使われるタンパク質です。

その他、ケガや手術などで出血したとき、出血を止める血液凝固因子となる、フィブリノーゲンとかトロンビンなども、肝臓でつくられるタンパク質の中にあります。その他各種の酵素類も合成されます。

このように、私たちのからだが必要としているタンパク質のほとんどが、肝臓でつくられています。肝臓では、タンパク質をつくり終えた余分のアミノ酸は、糖質をつくるための材料として使われ、エネルギー源として働きます。

肝炎などでは、肝臓の機能そのものに障害がおきていますから、肝臓を救うために、タンパク質が使われます。肝炎の場合の食事は、一般に高タンパク、高カロリーといわれています。このとき、食物の消化吸収が悪くなるので、タンパク質の形でとるより、アミノ酸でとるとよいのです。

肝硬変は、肝機能がはげしく障害を受けた症状ですが、高タンパク、高カロリーの食事は、肝臓に負担をかけて悪くさせる恐れがあります。

こういう場合にも、天然のアミノ酸が、肝機能の回復に絶対欠かせません。

ビールや酒などによる脂肪肝やクスリの副作用などによる肝臓障害にも、アミノ酸を補うと良い結果が生れます。

参考になさってください。

さて健康や美容、アンチエイジングに重要な効果のあるアミノ酸ですが、このアミノ酸を摂るのに最適な食材が黒酢ですね。黒酢にはアミノ酸、クエン酸などの有機酸、そしてミネラルなどがたっぷり含まれているからです。

ただこうした健康によい黒酢を毎日、必要な量だけ摂取するのは、実際には困難です。好き嫌いもあるかもしれません。そうした場合に役立つのが黒酢や、黒酢サプリメントです。錠剤やソフトカプセル状となっているものも販売されていますので、いつでもどこでも気軽に摂ることができます。

アミノ酸の効果・効能・働きにご興味がある方は黒酢・香醋サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>黒酢比較ランキング

目次

トップページ
黒酢・香醋比較/口コミ評判ランキング
黒酢の基礎知識
黒酢まるわかり辞典
アミノ酸の基礎知識
黒酢の秘密

口コミを投稿する