トップページ > 解説:アミノ酸の基礎知識「老化を防ぐアミノ酸」

今、注目されている健康食品が「黒酢・香醋」です。9つの必須アミノ酸人間の体内では合成できませんので、こういった健康食品を通じてバランスよく摂取することが勧められています。加えて、クエン酸疲労回復に、アミノ酸ダイエットに効果がある点も人気の理由となっています。
>>>最新の黒酢・香醋ランキングはこちら

アミノ酸の基礎知識「老化を防ぐアミノ酸」

アミノ酸・タンパク質は私たち人間をはじめ地球上のすべての生命を直接動かしている「仕事人」です。

ホタルが光る、鳥が飛ぶ、赤ん坊が育つ、これらのすべての生命現象は「アミノ酸」が主役となって営まれているのです。こちらのコラムでは、このアミノ酸と私たち人間とのかかわりについてご説明していきたいと思います。

さて、私たち人間をはじめ生物は、この世に生きて年をとり、いつかは死というゴールを迎えなければならない宿命をもっています。そのため不老長寿は人類の永遠の願いであり、生命科学の最大の研究課題となっています。

この老化現象を生命科学的にみますと、肉体面と精神面の両方が考えられます。

肉体面では肝臓はじめあらゆる臓器の機能が年とともに低下し、アミノ酸の利用能力が低くなります。このことより、酵素や筋肉などの私たちの体力を保持するのに使われるタンパク質の量が少なくなり、その結果がからだの動きとして現われてくるのです。

また精神面では、アミノ酸からつくられる神経伝達物質の合成能力の低下にともなって、神経細胞間の連絡が悪くなってきます。

新生児で300グラムの脳の重さが20才で4.5倍の1,350グラム、その後50才ごろまではほとんど変わりません。それが80才以上になると1,150グラムと15%ぐらい軽くなります。

これも脳細胞のタンパク質合成能力の低下によるものです。これらの結果が物事を理解したり、記憶したり、考えるという脳の働きに障害をきたし、精神面での活力が失われていくのです。

老化はあらゆる面においてアミノ酸の利用効率の低下によるといえます。どうして、このようにアミノ酸の利用効率が下がるのかについては多くの人々による研究があります。それによると、私たち人間が生きている間に、アミノ酸をタンパク質にかえる設計図であるDNAの情報に少しずつ狂いが生じ、それが年とともに大きくなり、老化が進むといわれています。

老化現象を胎児、健康な若者と老人の細胞を取り出して、試験管の中で増殖させて比較した研究では、胎児に比較して、若者、さらに老人とそれぞれの細胞の寿命が短くなっていくことにより、細胞の寿命と各個人の寿命との間には相関関係のあることがわかっています。

これらの事実は、いずれにしても老化にはアミノ酸の利用が大きく関与しているということです。私たちのからだを調節しているいろいろのタンパク質をつくるのに必要なアミノ酸をいかに過不足なく摂取するかが老化を防ぐのにもっとも重要です。

参考になさってください。

このように健康や美容、アンチエイジングに重要な効果のあるアミノ酸ですが、このアミノ酸を摂るのに最適な食材が黒酢ですね。黒酢にはアミノ酸、クエン酸などの有機酸、そしてミネラルなどがたっぷり含まれているからです。

ただこうした健康によい黒酢を毎日、必要な量だけ摂取するのは、実際には困難です。好き嫌いもあるかもしれません。そうした場合に役立つのが黒酢や、黒酢サプリメントです。錠剤やソフトカプセル状となっているものも販売されていますので、いつでもどこでも気軽に摂ることができます。

アミノ酸の効果・効能・働きにご興味がある方は黒酢・香醋サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>黒酢比較ランキング

目次

トップページ
黒酢・香醋比較/口コミ評判ランキング
黒酢の基礎知識
黒酢まるわかり辞典
アミノ酸の基礎知識
黒酢の秘密

口コミを投稿する