トップページ > 解説:アミノ酸の基礎知識「タンパク質の優等生」

今、注目されている健康食品が「黒酢・香醋」です。9つの必須アミノ酸人間の体内では合成できませんので、こういった健康食品を通じてバランスよく摂取することが勧められています。加えて、クエン酸疲労回復に、アミノ酸ダイエットに効果がある点も人気の理由となっています。
>>>最新の黒酢・香醋ランキングはこちら

アミノ酸の基礎知識「タンパク質の優等生」

タンパク質はその種類によって、栄養上の効果(栄養価)の大きいものと小さいものがあります。栄養価の低いタンパク質ばかりをたべていると栄養失調をきたすか、必要量を満たすためにたくさんの量が必要になります。ですから、必ず栄養価のすぐれたタンパク質をとらなければなりません。

では、タンパク質の優劣の判定はどのようにして行われているかというと、大きく分けて2つの方法があります。

1つはたべもののタンパク質から、からだのタンパク質がどれだけつくられるかという生物学的評価法です。

このうち生物価という評価法は、摂取したタンパク質の何%が体内に保たれたかを基本にしています。

もう1つはたべもののタンパク質をつくっているアミノ酸の比率から判定する化学的評価法です。

この中のアミノ酸価という方法は、よく木の桶に水を入れた場合にたとえられます。桶のまわりの板の高さを各アミノ酸の必要量とすると、その中にたった1枚でも短い板があれば他の板がどんなに長くても、水はそこから流れ出てしまいます。

結局、水はいちばん短い板の高さまでしかたまらないことになります。

この、基準より短い板となるアミノ酸を制限アミノ酸といいます。20種類のアミノ酸のうち、非必須アミノ酸はたべものとしてとり入れなくても、体内でつくることができるので、必須アミノ酸8種類の比率のみを問題にします。

基準量に対する各アミノ酸量を%で求め、最も低い数値がそのタンパク質のアミノ酸価になります。生物価もアミノ酸価も100を最高とし、数字が大きいほど良質のタンパク質であるということになります。

具体的な数字をあげると、動物性タンパク質は両者が一般に70〜100、植物性タンパク質は40〜70という価です。

とくに、鶏卵は生物価94〜98、アミノ酸価100とほぼ理想的なものとなっています。しかし、これはタンパク質に限っていえることで、卵黄には非常に多くのコレステロールが含まれているため、多食すると悪影響があります。

ですから、動物性、植物性の多種類の食品からまんべんなくタンパク質を摂取するのがよいと考えています。

参考になさってください。

さて健康や美容、アンチエイジングに重要な効果のあるアミノ酸ですが、このアミノ酸を摂るのに最適な食材が黒酢・香醋ですね。黒酢・香醋にはアミノ酸、クエン酸などの有機酸、そしてミネラルなどがたっぷり含まれているからです。

ただこうした健康によい黒酢・香醋を毎日、必要な量だけ摂取するのは、実際には困難です。好き嫌いもあるかもしれません。そうした場合に役立つのが黒酢サプリメントや香醋サプリメントです。いつでもどこでも気軽に摂ることができます。

アミノ酸の効果・効能・働きにご興味がある方は黒酢・香醋サプリメントを試してみてはいかがでしょうか。

>>>黒酢比較ランキング

目次

トップページ
黒酢・香醋比較/口コミ評判ランキング
黒酢の基礎知識
黒酢まるわかり辞典
アミノ酸の基礎知識
黒酢の秘密

口コミを投稿する